結城紬との出会い2

結城紬との出会い1からの続きです。

本場結城紬のイヤリング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中で結城紬の良さを知っていくにつれ他の作品も作ってみようと織元さんの所へ通い生地を分けていただくようになりました。

その頃目に留まったのが、ショール用に織られた目のあらい透け感のある生地でした。

織り目が荒く織られているので、ちょうどふるいの編み目のような生地

ピンク色が綺麗だったので思わず一目惚れ!

(だって、思川桜染めがおピンクじゃなかったから
ピンクに出会えて感激したのです。)

今度は何に仕上げよう?
そう思いながら、生地を斜めに伸ばして見たり丸めて見たり

色々いじっているうちに

これはコロネだ! キラリ〜

閃きとともに、パールを組み合わせたピアスを作ることに決定しました。

 

タイミングよく作品を置いてくださるお店(甘味 カフェ)が見つかり、結城紬で作ったブローチや髪飾りなどをお店に置いていただきました。
(実はこのお店も異業種交流会にいらしてたAさんが、ここならいいかも!と教えてくださったのです。感謝!)

作品をもいていただいて、どれくらい立った頃だったか
私が作ったピアスを買って下さった方がいらっしゃいました。

でも、その方はピアスの穴がなかったので
イヤリングに金具を交換して欲しいと言う希望だったので

お店から
「金具の交換できますか?」とご連絡をいただきました。

金具を変えるだけなので
「もちろん大丈夫ですよ!」とお返事して
お店からピアスを預かり金具をイヤリングに交換して
お客様に郵送させていただきました。

お送りする時に、住所を見るとなんだか近いような感じがしたのですが
引っ越した土地なので、土地勘がなくそれ以上深くは考えていませんでした。

私が金具を交換してから数日後

また、お店からお電話がありました。

金具交換してお送りしたのに何か間違いでもあったかしら?
そう思って出て見ると

「お客様が連絡先の電話番号を知りたいとの事ですが
お知らせしてもいいですか?」

との事。

何か納得できない事でもあるのかしら?
それなら聞いて見なくては!

と思い
「電話番号をお知らせして頂いて大丈夫ですよ!」
とお店の方にお伝えしました。

それから程なくして
イヤリングを納めさせて頂いたお客様(Wさん)からお電話をいただきました。

Wさん「どうもお近くにお住まいのようなので、今度会いませんか!」

私「もちろん、いいですよ!」

女同士家も近いと言うことで、そんな初電話の後
すぐお会いすることになりました。

Wさん「なんか私と同じ匂いがすると思ったのでお会いして見たかったんです!」

私「同じ匂いしますか?」

Wさんは、洋裁をされる方
作品は違えど、手作り仲間という事で
初めて会ったと思えないほど話が弾み
その後もお付き合いをしていただくことになっていきます。

 

。。。。つづく

 


結城紬との出会い 1

思川桜染め

 

 

 

 

 

 

 

 

私が、着物の生地とワイヤーを使った作品を作る大きなきっかけになったのは、引っ越した土地で初めての異業種交流会に参加した事でした。

そこの参加者のSさんに

「桜のモチーフのアクセサリーを作ってもらえませんか?!」

と言われました。

Sさんは、常に身につけられるシルバーアクセサリーが希望だったのですが

私は希望に沿うようなシルバーアクセサリーを作ることが出来ません。

そこで、私に作れる桜のモチーフの作品を考えました。

栃木県の小山市には、ここにしかない思川桜と言う固有の桜があります。

この桜は10枚花びらでとても可愛い花で、ソメイヨシノより少し後に咲きます。

 

色々調べている時に、同じ異業種交流会に参加したAさんが

「この桜で染めた草木染めの結城紬があるので、織元さんの所へ行って見ない!」

と誘ってくれました。

そこで、私は、 Aさんに連れられて結城紬の織元さんの所へ伺いました。

桜で染めた生地だからさぞ綺麗なピンク色なのだろうと想像しウキウキしながら伺いました。

 

織元さんで実際に思川桜で染めた生地を

「これがそうです。」

と見せられてがっかり

なんと生地は、ピンクではなくオレンジより茶色に近いような

まさに草木染めの地味〜〜な色でした。

 

が===ん

 

これで桜か。。。。(@@;

 

一瞬で夢に描いていた桜は散っていきました。

 

しかし、せっかくのチャンス

これはこれで形にしてみよう。

 

気を取り直して生地を分けて頂きました。

 

その価格に、またビックリ(@O@)

 

このサイズでその価格ですか!!

 

「はい、結城紬の手織りの生地は、両側からお札で挟んだ価格以上です。」

なるほど!そんな高級な生地だったのですね〜

伝統工芸の価格を初めて知ることとなりました。

 

さて、ビックリしていてもしょうがありません。

早速、購入して来た結城紬とワイヤーを組み合わせて桜のモチーフを作りました。

 

 

そして完成したその桜を額に収め桜のモチーフを作ってと言ったSさんにお渡ししました。

これが着物の生地とワイヤーを組み合わせて作品を作るきっかけになりました。

 

 

それからその思川桜の生地を使い、桜のモチーフのブローチや帯留めを作り始めました。

それはとても好評でした。

 

。。。。。。。つづく


プレゼントに、結城紬の桜の額飾り

桜の額飾り

 

 

 

 

 

 

 

『額入りで!』のご要望が多いので

写真撮ってみました。😄

いかがでしょうか?!

 

一輪の桜なので、とてもシンプルです。

額のサイズは、約18cm

 

 

結城紬の桜は、生地のしっとり感が好きです。

落ち着きのある生地なので程よい存在感で

さりげなく日常に溶け込んでくれます。

 

今のお家は、とても壁が少なく

大きなサイズの絵を飾ることが難しですね。

 

でも、このサイズなら壁の少ないお家でも

ぴったり飾れる場所がいくつも見つかります。

 

アクセサリーとして使うだけでなく

インテリアとして

メッセージを添えてプレゼントにもオススメです。


結城紬の桜

薄墨桜

 

 

 

 

 

 

 

結城紬の桜3種類作りました。

ブローチ コームの髪飾り かんざし

淡墨桜が、きれいなピンクに咲いてから
少しずつ色合いを変え
薄墨色に変わりって行く感じの3色です。

はっきりした色合い装いに合わせて頂くと
大人のオシャレを楽しんで頂けます。

2つのつぼみは、角度を変える事が出来ます。
着けた感じで、調整していただけます。


結城紬桜のブローチ

結城紬桜のブローチ

 

 

 

 

 

結城紬で新しい桜のブローチを作りました。

今までよりお洋服のワンポイントに、スッキリとした印象で使っていただけます。

 

お花の形は今までと一緒で、花芯に淡水パールを使い
その周りに装飾ワイヤーを施しています。

花びらも装飾ワイヤーで形作っています。

 

新しくなったのは、蕾の作り方を変え

葉っぱもの作り方を変えたところです。

今までのコロンとした蕾も良かったのですが

お花とのバランスで、もっと違う表現に変えたい!と思い

 

思い切って、蕾も装飾ワイヤーで作りました。

この方が統一感も出せて、今まで以上にまとまりが出せました。

 

一番苦労していたガクも作り方を変えた事で

形が綺麗に整いました。

 

葉っぱは、2枚重ねから1枚仕上げに

こちらもすっきりの印象が出せました。


結城紬の小鳥の髪飾り

結城紬の小鳥

 

 

 

 

 

 

 

小鳥が和やかに飛んでいる姿

見ているだけで和みます。

何かおしゃべりでもしている様な楽しげなさえずり

結城紬の絣の生地に色生地を組み合わせました。

翼の部分には、色生地を囲むように

装飾ワイヤーを使っています。

1粒つけた天然石もワンポイントです

花火大会を見に行く浴衣姿に

結城紬で大人のおしゃれをして見ませんか!

 


和布で作品を作るようになったきっかけは思川桜でした

和布の美しさを活かして

オリジナルの1点もので

日本らしい雰囲気を楽しんで欲しい

そんな思いで作品を制作しています。

思川桜

 

 

 

 

 

 

和布との出会いは

「桜の花を作って欲しい。できれば小山市固有の思川桜を!」

そんなご要望を頂いたことでした。

 

引越し先のここで知り合いを作るべく

異業種交流会に参加した時に、このご要望をいただきました。

引っ越したばかりの私は、思川桜を見た事が無かったので

どんな桜か調べるところこからのスタートでした。

 

思川桜は、栃木県小山市固有の10枚の花びらのある可憐な桜です。

それを形にする時には、何を使って作ろうか?!考えていると

小山市の特産品である結城紬に、思川桜で染めた生地があることがわかりました。

 

これなら思川桜を作るのにぴったり!

それまで作っていたヨーロッパのワイヤー作品に和布を組み合わせて

ここから和布を使った作品を作る様になりました。

 

作品を作っている間に、お客様からのご要望で、色々な生地を使って作品を作るようになって来ました。

京都西陣織・鹿児島の大島紬・縮緬と使う生地も増えて来ました。

どれも日本の着物文化を支えて来た和布達です。

生地の質感・つや・染めの技術・織の正確さ・金襴の華やかさ・紬のしっとり感

どの生地にもそれぞれの良さがあります。

 

今では着物離れが進み、目にする機会が減ってしまった和布を

新しい形で、身近にお届けする事で

和布の良さを再発見して頂くきっかけにして欲しい

と言う願いも込めて1つひとつ手作りしています。

 

手作りなので、たくさん作る事はできません。

だからこそ、手に取ってくださったあなただけのオリジナルです。


日本のシルクロード

日本のシルクロードと呼ばれる道があることをご存知ですか?

まゆ玉

 

 

 

 

 

 

絹織物を使った作品を作っているので、これはとても気になりました。

シルクロードというからには、絹が運ばれた道であり

その道中は、きっと栄えた街々があったのだろうと想像します。

 

いったいどこなのだろうと見ていくと

群馬県高崎市から八王子を通って神奈川県の横浜まで続く道でした。

今の八高線とほぼ同じルートになり、

さらに八王子から横浜まで伸びています。

絹糸

 

 

 

 

 

 

この街道は、絹が貴重な輸出品だった頃、海外へ輸出する為に

絹の産地であった群馬県から横浜港までのルートでした。

 

 

日本のシルクロードと呼ばれるのに、どうして東京を通過しないのか

不思議に思いましたが、国内消費のためでは無かったので

東京を通る必要がなかったのですね!

 


バラのブローチを結城紬で作る

バラのブローチ丸

 

 

 

 

 

 

 

 

バラのブローチ
香りまで届けたい!

あなたの好きなお花は何ですか?

私は、バラと桜がお気に入りです。

たっぷりの花びらのあるバラ
剣咲きのシャープな花
カップ咲きのふんわりした花
そして、原種に近い花びらの少ない可憐な花

バラにもいろんな形があります。

どれも個性的で魅力を感じます。

そしてもう1つ

バラの香りもとっても好きです。
バラぼ香りを嗅いでいると
とても贅沢な気分になれますよね!

香りまでイメージできる様な
バラを作れたらいいなぁ!


緑の桜 知っていますか?

緑の桜ギョイコウ(御衣黄)緑の桜があるのを知っていますか?!
緑の桜ギョイコウ(御衣黄)と言います。

ソメイヨシノより遅く咲く花です。

実際のお花は、八重咲きで花びらが10〜15枚あります。

咲き終わる頃には、中心からやや赤みを帯びてくるのが特徴です。

この色合いなら、暑い夏でも涼やかに使っていただけますね!

お花の部分は、結城紬を使っています。

タッセルも爽やかな水色を合わせました。

ブローチと着物用の根付に仕上げ予定です。